ESDって何?

国連は、2005年1月からの10年を「国連 持続可能な開発のための教育の10年」(DESD)とする決議を行いました。持続可能な開発のための教育(ESD)は、地球規模の課題である環境保全、人権保護、経済的公正(貧困の撲滅)などを、わが国を含むそれぞれの地域社会において実現するために行われます。具体的には、これらの地球規模の課題のうち、まずそれぞれの国や地域社会での重要課題を取り上げ、教育機関、行政、市民、NGO、企業が連携しながら、その解決に向けた教育を進めるものです。ここで行われる教育には、小中高等学校・大学で行われる学校教育(公的教育)と市民や地域社会、企業が行っている学校外の教育(非公的教育)が含まれ、それらが相互に連携しながら進むことが望まれています。仙台広域圏では、当面、自然との共生と循環型社会の実現のための教育を中心に行うことを目指しています。

The United Nations passed a resolution to begin the “Decade of Education for Sustainable Development” (DESD) from January 2005. Education for Sustainable Development (ESD) is a dynamic undertaking which envisions a world where everybody has the chance to benefit from quality education and to learn the lifestyles, behaviors and values necessary to build a sustainable future. ESD should enable local communities to address to global challenges such as environmental protection, fulfillment of human rights, and promotion of economic justice, including poverty alleviation. Concretely speaking, we will take actions to jointly promote ESD by enhancing partnerships among educational institutions, local people and governments, NGOs and businesses. Education here includes formal, non-formal and informal education.  In the Greater Sendai Area, we start from carrying out education for realizing a recycling-based society coexisting with nature.
 
RCEって何?

「国連−持続可能な開発のための教育の10年−」を推進するための先進的な取組事例として、その活動内容を世界に発信し、ESDを広めていくための地域の拠点。

 仙台広域圏は最初の7地域(ファーストセブン)としてRCEに認定された。