仙台広域圏ESD・RCE運営委員会規則
                                
(設置) 
第1条 仙台広域圏ESD・RCE運営委員会(以下「委員会」という。) を設置する。

(目的)
第2条 委員会の目的は次のとおりとする。
(1) 第9条第1項に定める仙台広域圏において、持続可能な開発のための教育(以下「ESD」という。)
を推進し、もって仙台広域圏における持続可能な社会の構築に寄与するとともに、国際的な貢献を行うこと。
(2) 国連・持続可能な開発のための教育の10年を推進するとともに、国連大学が展開しているRCE
(ESDに関する地域の拠点)に対応する拠点を仙台広域圏に整備して、関連する事業を展開すること。 

(処理事項)
第3条 委員会は、前条の目的を達成するため、次の事項について処理する。
(1) 仙台広域圏ESD・RCE推進基本構想(以下「基本構想」という。)の策定
(2) 仙台広域圏ESD・RCE事業計画(以下「事業計画」という。)の策定
(3) 基本構想及び事業計画を踏まえたESDの推進及びRCEの整備・展開に関すること
(4) (3)に係る活動のモニタリング及び評価に関すること
(5) その他関連する事項

(委員)
第4条 委員の構成は次のとおりとする。
(1) 委員会発足時においては、仙台広域圏ESD・RCE運営委員会設立準備会が定める委員
により構成する。
(2) 委員会発足後においては、委員会の決定に基づき、委員の変更または追加を適宜行う。
 2  委員の任期は2年とし、補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(役員)
第5条 委員会に役員として委員長、副委員長、監事各1名を置く。
 2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。  
 3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故がある場合はその職務を代理する。
 4 監事は、出納その他の事務を監査する。
5 役員の選出は、委員の互選による。

(付属機関)
第6条 必要に応じ、委員会に幹事会、部会などの付属機関を置くことができる。
2  付属機関の設置及びその委員の構成は委員会が決定する。
3  付属機関の委員の互選により、その役員を選出する。

(会議)
第7条 委員会は、委員長が必要に応じて召集し、委員長が議長となる。
2  委員の事前の届出により、委員会に代理の者が出席することができる。
3  委員会は、委員(前項の代理の者を含む。)の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。
4  委員会の議事は、出席した委員(第2項の代理の者を含む。)の過半数でこれを決し、
可否同数の場合には議長の決するところによる。
5  第1項から第4項までの規定は、前条の付属機関に準用する。

(関係者の出席)
第8条 委員長は、必要があると認めたときは、委員会に関係者の出席を求め、その意見
または説明を聴くことができる。
2  前項の規定は、第6条の付属機関に準用する。

(その他)
第9条 この規則において、「仙台広域圏」とは仙台市を中心に宮城県の市町村を含めた地域とする。
 2  この規則に定めるもののほか、委員会の運営に関して必要な事項は委員会が別に定める。
 3  委員会の事務を処理するため、宮城教育大学に事務局を置く。

付則
 この規則は、平成17年6月24日から施行する。